サービスSERVICE

ワイサポートでは、開発企画、建築設計、環境デザイン、 CIデザイン、リーシング、プロパティマネージメント、販売促進、行政折衝などに関わるスタッフが集結しています。これらが新規開発やリニューアルの計画段階から参画し、プロジェクトの円滑な進捗に努めるとともに、運営体制の提案を含めた開業までに必要な業務を遂行いたします。

ワイサポートの「3つの強み」

1.プレサービスとアフターサービスの一体化

ショッピングセンターなどを新設する場合、企画設計、建設、オープニングイベント会社などが開業までを担当し、開業後はPM、BM、広告代理店が連携して運営にあたるのが一般的です。ただこの仕組みでは、施設設置の基本的なコンセプトが接続しにくいばかりでなく、一方、運営の実績ノウハウが施設に組み込まれないため、ユーザーに対する訴求力が弱くまた日常運営に円滑さを欠く施設になってしまう懸念が残ります。

弊社では、開業までと開業からを一体化し、お客様に好かれ運営も順調に行える施設創りを目指しています。開発プランの段階から開業後3年間をパッケージとし、使い易い施設創りの他に、開業から3年間で商圏内における施設のステータス創りまでをプラン致します。

2.運営優先、現場優先

弊社はこれまで10数年にわたりPM業務に携わり、また販売促進活動もほぼ自力で対応してまいりました。この経験に基づき、すべての企画は運営現場の目線を優先して立案致します。一次顧客である店舗、二次顧客である消費者/来場者、そして運営を統括するPMにとって、現実的・効果的な内容であることを重視します。施設の所有形態をはじめ商圏競合の状況、そして現場の運営体制までを把握したうえで、推進可能なプログラムをご提供致します。

3.販促費、日常業務負荷の軽減指向

従来の競合は商圏内競合を意識したものでした。ですが今や本当の競合はショッピングセンターと通信販売の間に成立していると考えられます。利便性、価格で勝る通信販売に対して、リアルなショッピングセンターはどう対処すべきでしょうか。それはリアルなショッピングセンターでしか提供できない、リアルな楽しさや、リアルな満足感ではないでしょうか。
「あそこへ行けばいつも何かある」、お客様の施設への期待感を維持し続けるためには、セールなどの販促プログラムのほかに、最低でもすべての週末と祝日をカバーするイベントが不可欠です。予算水準にもよりますが年間300~500件のイベント開催が実現すれば、相当の集客力を発揮することが可能です。 これらの実施には若干の手間や配慮が必要ですが、弊社が推奨する運営業務の整理を行うことで可能になるとともに、本来もっとも期待されるPMと店舗との交流も充実することができます。

TOP